マンション管理組合が加入する火災保険 補償内容と使い方を徹底解説します!

マンション管理組合ではマンションの共用部分に火災保険をかけますが、その補償内容を理解しているという方はマンション内でもそう多くはないと思います。

管理組合が火災保険を契約しているんだったら、居住者は保険を契約する必要ないんじゃないの?
給水管からの水漏れがあったけど、自分でお金を出して修理しなくちゃいけないのかしら?

といったお問い合わせをいただくこともあります。

日常の中で保険のことを考えている人はほとんどいないので、ご存知なくて当然だと思います。

火災保険の補償内容を説明すると、「えっ、そんなことまで補償されるの?」と驚かれることも多く、保険を利用できるシーンは以外と多いということにも気付かされます。

今回はマンション管理組合の火災保険は、どのような補償内容なのか、どのように使うことが出来るのかを詳しく解説したいと思います。

マンション管理組合が加入する火災保険と居住者が加入する火災保険

管理組合が保険を契約しているから、居住者は保険を契約する必要はないんじゃないの?

こんな疑問を持っている方も以外に多くいらっしゃいます。

マンションは共用部分と専有部分に分かれます。

マンション共用部分
(日新火災 パンフレットより)

上図のように、共用部分は区分所有者全員が共有で使用している、

  • エントランス
  • ロビーのソファー
  • 駐輪場
  • 駐車場
  • 街灯設備
  • フェンス
  • 庭木
  • 花壇
  • 水道引込管
  • 塵芥集積所
  • 屋上
  • バルコニー

など区分所有部分以外の箇所が共用部分となります。

また区分所有建物とお隣や上の階、下の階との間も共用部分となることがあります。

マンション共用部分
(あいおいニッセイ同和損保 パンフレットより)

壁のクロスの部分は専有部分ですが、その奥にあるコンクリートは共用部分となります。
このように、共用部分と専有部分は物的につながっていることが多く、共用部分と専有部分の両方が同時に被害を受けるということも多く発生します。

そのため、共用部分と専有部分は別個にそれぞれ保険を契約する必要があります。

  • 共用部分・・・契約者 マンション管理組合
  • 専有部分・・・契約者 区分所有者

マンション管理組合の火災保険における基本的な補償内容

火災保険における基本的な補償内容

ここからはマンション管理組合が契約する火災保険の補償内容について紹介していきたいと思います。
専有部分についても、補償内容としては共通するものとなりますので、参考にして下さい。

マンション管理組合の火災保険では、以下のリスクに対する補償が用意されています。

火災保険の基本補償内容
  • 火災・落雷・爆発のリスク
  • 風災・雪災・雹災のリスク
  • 水災のリスク
  • 水濡れのリスク
  • 盗難のリスク
  • 破損・汚損等のリスク
  • その他のリスク

火災・落雷・爆発リスクの補償

火災・落雷・爆発リスクの補償

火災

火災保険なので、当然、火事を補償することができます。

また、マンションでは火災が発生すると消火活動のために放水活動をおこない、下の階やお隣さんが水浸しになるということが発生します。
放水活動による損害も、火災の被害として保険金を受け取ることができます。

落雷

落雷は雷が直撃したことによる損害や火災などが補償されます。
また雷がマンションには落ちなかったけれども、近くへの落雷で異常電流が生じ、設備が壊れたなども補償の対象となります。

マンション管理組合の火災保険 火災・落雷・爆発の事故例

  • 専有部分のストーブによる火事で、ベランダ部分に燃え広がった
  • 落雷により過剰な電流が流れ、エントランスのインターホンが壊れてしまった
  • 常設してあった消化器が衝撃を受けたため爆発し、廊下の一部にヒビが入ってしまった

風災・雪災・雹(ひょう)災リスクの補償

風災・雪災・雹(ひょう)災のリスクの補償

ほとんどの保険会社では、風災と言ったときに、雪の災害とひょうの災害をセットにしています。

風災

風災とは台風、旋風、竜巻、暴風等による風災をいいます。

ただし、窓ガラスを開けっ放しにしておいて、台風による強風がエントランスホールに吹き込んで備品が壊れてしまった場合など、吹込み損害は補償の対象外となります。

雪災

雪災とは、積雪した雪の重み、落下等による事故または雪崩をいいます。

単に雪が溶けたことで、雨漏りをした場合は、保険の対象とはなりません。

一方、雪の重みで屋根が破損し、そこから雨漏りが発生している場合には補償の対象となります。
破損があるかないかで、保険の対象となるかが変わってしまいますので、事故があった場合には、破損がないかよく確認しましょう。

マンション管理組合の火災保険 風災・雪災・雹(ひょう)災の事故例

  • 強い風により隣の家の屋根瓦がマンションに飛んできたため、マンションの外壁にヒビが入った
  • 強風によりマンションの駐輪場の屋根が飛ばされてしまった
  • 積もった雪の重みで駐輪場の屋根が歪んでしまった
  • ひょうに強く打ち付けられ、エントランスの窓ガラスが割れてしまった

水濡れリスクの補償

水濡れリスクの補償

給排水設備の破損や詰まりにより発生した漏水、放水等による水濡れ損害を補償します。

マンション管理組合の火災保険 水漏れの事故例

  • 給排水設備からの水漏れで、ロビーのソファが使用不能となった
  • 共用のトイレの排水管が破裂して、室内が水浸しになった
  • 水道管や貯水タンクなどの給排水施設が破裂し、水浸しになった

盗難・物体の衝突・騒擾リスクの補償

盗難・物体の衝突・騒擾リスクの補償

盗難

共用部分となる設備や共有動産が盗まれてしまった場合、その設備・動産の被害額を補償します。

また、「泥棒に共同玄関のガラス扉を割られた。」というような、侵入の手口として泥棒に壊されたところも、盗難リスクの補償対象となります。

建物外部からの物体の衝突

敷地内に自動車が飛び込み、街灯や自転車置場が損傷した。
「マンション居住者がブレーキとアクセルを踏み間違えてエントランスなど共用部分に突っ込んでしまった」というような事故は高齢化と共に増えています。

騒擾・集団行動・労働争議による暴力行為・破壊行為

労働争議により共用部分が破壊された。
日本国内ではなかなか考えにくい損害です。

水災リスクの補償

水災のリスク

水災

台風、暴風雨、豪雨などによる洪水、融雪洪水、高潮、土砂崩れ、落石等による被害が水災とされています。

マンション管理組合の火災保険 水災の事故例

  • 台風により土砂崩れが発生し、土砂がマンション共用部分に侵入した
  • ゲリラ豪雨でマンション1階部分が冠水した
  • 高潮により共同玄関が浸水した

ただし水災には、保険上「水災3条件」と呼ばれるものがあり、このいずれかを満たさないと、水災と認められません。

水災3条件

  1. 保険の対象である建物共用部分に建物評価額の30%以上の損害を被った
  2. 床上浸水している
  3. 地盤面より45cmを超える浸水があった

水災については、火災などとは異なり、河川や海の近くや山の近くなど、水災の発生しやすい地域と、水災の発生しにくい地域があります。

そのため、すべての保険会社で水災はオプションとなっており、補償するのか、補償しないのか選ぶことができます。

必要かどうかを判断するために、ハザードマップなどをを確認して自分の地域は水災リスクがどれくらいあるのか確認しておきましょう。

破損・汚損リスクの補償

破損・汚損リスクの補償

不測かつ突発的な事故によりマンション共用部分に生じた損害を補償します。
この不測かつ突発的な事故という表現が分かりにくいのですが、人為的なミスで共用部分を壊してしまった場合などに補償することができます。

マンション管理組合の火災保険 破損の事故例

  • 何者かに敷地内の街灯を折られた
  • 熱割れ現象により窓ガラスが割れた
  • 寒波により共用部分の水道管が凍結し、破損した

補償の範囲は幅広いため、非常に使い勝手の良い補償内容となります。

電気的・機械的リスクの補償

電気的・機械的事故によりマンション共用部分に付属する電気設備に損害が生じた場合に保険金が支払われます。
この電気的・機械的事故という表現が分かりにくいのですが、平たく表現すると「故障」です。

マンション管理組合の火災保険 電気的・機械的事故の事故例

  • 共同玄関のロビーインターホンが過電流によりショートした
  • 管理人室のエアコンの室外機が発火し、室外機が破損した
  • 防犯カメラが漏電により故障した
  • 給湯器の操作を誤り、空焚き状態となって故障した
  • 電動シャッターの誤作動により内部の歯車が破損し、シャッターが巻き上がらなくなった

エレベーターなどの附属設備や、立体駐車場のような附属施設が故障してしまった等の際に補償される特約です。

自然消耗や経年劣化が原因の場合には補償の対象外となりますが、突発的なトラブルに対応できるのはかなり魅力的だと思います。
新品の物であればメーカー保証がありますが、保証期間を過ぎると故障対応は全額自己負担となりますので、このような補償の手配も検討した方が良いと思います。

なお、雷による異常電流での故障は、電気的機械的事故ではなく、落雷リスクから補償を受けることができます。

事故時諸費用(臨時費用)補償特約

事故時諸費用特約や臨時費用補償特約など、保険会社によって呼び方が異なりますが、基本的に同じ補償内容です。

損害の修復にかかる補償のほかに、一時金としてお金を受け取れる特約です。

事故時諸費用特約の例

修理費用 150万円

損害保険金 150万円
事故時諸費用特約(10%) 15万円
支払保険金 165万円

たとえば、風災で150万円の修理費用がかかる損害が発生したとします。
保険会社が査定をおこない、損害保険金として150万円が認定されました。
すると自動的に事故時諸費用特約から150万円の10%の15万円が上乗せされて保険金が支払われます。

事故時諸費用という名前ですが使用用途の制限はないので、保険金は自由に使うことができるということも特徴の一つです。

例えば、泥棒が共同玄関のガラス扉を割って侵入したため、事故時諸費用特約で防犯カメラを設置したという再発防止対策の費用として使用することも考えられます。
このケースの場合、ガラス扉の破損については、盗難から補償され、防犯カメラの設置費用を事故辞書費用特約から支払ったということになります。

特に使うあてがなければ、後の修繕費用に充てるための資金としてとっておくことも一つの手です。

失火見舞費用特約

この特約では火災によって共用部分から周囲の区分所有者を含む第三者の所有物にまで被害が及んだ場合に、見舞金が支払われます。

第三者に被害を負わせてしまった場合、「施設賠償責任保険で何とかなる」と思う方もいると思います。

しかし火災で他の人に損害を与えた場合は、損害賠償責任が発生しないという法律上のルールがあります。

失火責任法(失火ノ責任ニ関スル法律)

民法第七百九条 ノ規定ハ失火ノ場合ニハ之ヲ適用セス但シ失火者ニ重大ナル過失アリタルトキハ此ノ限ニ在ラス

明治時代の法律なので、カタカナが混じっています。

過失によって火災を発生させた場合は、民法上の損害賠償責任を負わないことを定めた法律です。

管理組合側で相手に申し訳ないと思ったとしても、法律上の責任を負う必要がないため、保険も補償の対象外となってしまうのです。

そのため保険会社では、火災による被害を被った第三者に見舞金を支払う特約を用意しています。

保険会社によって金額は異なりますが、1被災者あたり30万円~50万円の見舞金が支払われます。

賠償責任補償特約

第三者に損害を与えてしまった場合に補償する特約です。

マンションでは給排水管の管理不備による、水漏れ損害が非常に多い事故例となります。

マンション管理組合の火災保険 賠償責任保険の事故例

  • 共用部分の排水管から水漏れが発生し、区分所有戸室を汚損してしまった
  • 共用廊下2階部分の手すりが外れ、通行人がケガをしてしまった
  • 機械式駐車場の管理不備により床板が外れ、 停車中の自動車に傷をつけてしまった

上記の事故例では、給排水管の所有者が管理組合か、区分所有者かで、使用する保険が異なります。

  • 所有者が管理組合(共用部分)の場合・・・施設賠償責任保険
  • 保険会社によって、建物管理賠償責任保険や共用部分賠償責任保険とよばれています。

  • 所有者が区分所有者(専有部分)の場合・・・個人賠償責任保険
  • 保険会社によって、居住者包括賠償責任保険、マンション居住者用賠償責任保険とよばれています。

個人賠償責任補償特約と施設賠償責任補償特約がありますが、別のページで詳しく解説していますので参考にしてください。

マンション総合保険の個人賠償責任保険について知っておくべき3つのこと

2018年12月28日

水濡れ原因調査費用補償特約

給排水管の破裂等による水濡れが起きた場合、責任の所在でもめることがあります。

マンションの給排水管は建物内部にあるため、管理組合と区分所有者のどちらに責任があったか、すぐに分からないことが原因となります。

原因がすぐに特定できない場合、どの給排水管が破損しているかなど調査をおこない、管理組合と区分所有者のどちらが所有する給排水管かを特定します。

壁の中にある給排水管の調査となるため、壁に穴を開けたりと作業は時間とお金がかかります。

マンション管理組合が加入する火災保険では、「水漏れ原因調査費用補償特約」というものを用意しており、水漏れの原因を調査する費用を補償することができます。

地震保険

地震保険は地震よる損害を補償するだけではありません。
地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損壊・埋没・流出による損害だけではなく、地震などによる火災による損害も補償対象となります。

地震保険についてはこちらで詳しく解説していますので、参考にしてください。

マンション総合保険でかける地震保険とは?2つの考え方と必要性を徹底解説

2019年1月2日

火災保険の使い方

火災保険の使い方

管理組合で保険金請求をする方法

何らかの被害があり、火災保険の保険金請求をする場合でも対応は、それほど難しいものではありません。
加入時の保険代理店に連絡すれば、必要な書類などは教えてもらえるので、覚えておく必要はありませんが、原則、以下の3点があれば、保険金請求が可能です。

    保険金請求に必要な書類

  • 保険金請求書
  • 損害の写真
  • 修理見積書

火災被害の場合には、上記に加えり災証明書なども必要となりますが、基本的には3つの書類で対応できます。

ただし、水災被害の場合には、水災3条件でもお伝えした、床上浸水や45cmを超える浸水があったかどうかを確認する必要があります。

また、地震被害の場合には、どれだけの損害が発生しているかなど、損害率の認定をする必要があります。

このような場合には、保険会社や調査会社が実際に契約者の物件まで出向き、被害状況の確認をすることになります。

保険金請求するには管理組合の承認が必要なケースがある

何らかの被害があり、保険金の請求する場合、マンションごとの取り決めによっては、管理組合の承認が必要な場合があります。

具体的な修理方法などを選定し、管理組合の承認を得た上で、保険金請求するというステップを踏みます。

保険金請求そのものは、書類が用意されていれば、1~2週間程度の時間で保険金が振り込まれますが、管理組合の承認というステップで非常に時間がかかることがあります。

例えば、エントランスのソファーの革のカバーを子供が傷つけてしまった場合には、火災保険の破損から補償を受けることができます。
管理組合では、修理方法として、カバーの部分だけを修理するのか、ソファー自体を交換するのかなどを決め、承認を得た上での対応となります。
場合によっては、このプロセスだけで数ヶ月かかることもありますので、すぐに復旧できないことがあることには注意が必要です。

マンション管理組合が加入する火災保険 補償内容と使い方 まとめ

いかがでしたでしょうか?マンション管理組合が加入する火災保険の補償内容とその使い方について解説してみました。

補償内容を事故例を交えてご紹介しましたが、事故は2つとして同じ事故はありません。

その都度、保険代理店に相談することをオススメします。

また、難しそうに感じる保険金請求も、実は簡単におこなうことができ、用意する書類も3つだけで請求できます。

何らかの被害が発生したときに、保険を使用することができるのか、気軽に聞ける保険代理店を選ぶようにしていきましょう。


マンション総合保険についてお悩みの方へ

 

次のようなことでお悩みではありませんか?
  

・マンション総合保険の更新保険料が高い
・現在保険を加入している管理会社では不安がある
・積立金不足があるので、なるべく節約したい
・どんなマンション総合保険に加入すればいいのか分からない

  
もしも、マンション総合保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談下さい。