植栽の損害もマンション総合保険で解決!保険金が支払われるポイントをご紹介

みなさんこんにちは。マンション保険相談センター編集部です。

私どもに寄せられるご相談の中には、下記のようなものもあります。

マンションの分譲開始当時から植えられていた、敷地内の植木が先日の台風で倒れてしまった。
撤去して新しい木を業者に植え直してほしいけれど、結構お金がかかりそうです。
マンションの住民から「加入している保険で相談してみたら?」と言われたけど、植木の損害は保険の対象になりますか?

マンション総合保険は、一般的に言う火災保険に当たります。

火災保険で建物の損害が補償される、というのはみなさんご存知だと思いますが、植木などの植栽は補償されるのでしょうか。

マンション敷地内の植栽も管理組合による管理の対象

マンション敷地内の植栽も管理組合による管理の対象

まず最初に、植栽とは何か、なぜマンション管理組合の管理対象となるのかを見ていきましょう。

植栽とは

植栽

草木を植えること。また、その草木。

辞書を引くと、植物を植えることや、植えた植物を指して植栽と言います。

しかし実際に植栽をする場合には、さまざまな目的があります

よく見る植栽というと、フェンスや塀と同じような役割をする生け垣や、季節の果物を楽しむために生やしているみかんや柿の木などが浮かびます。

土に敷く芝生も立派な植栽のひとつです。

そのほかにも、景観を意識して生やすキンモクセイなどの植木や、日光を遮って夏場の敷地内を涼しくするように大きな木を庭に生やしているお宅も見かけます。

マンションでも植栽しているところが多く、景観を意識して、敷地内で過ごしやすくなるように、などの目的で草木を生やしています。

ただし植物は手入れを怠っていると、たとえば花壇にたくさんの雑草が生えて景観を損ねたり、木が横に伸びて邪魔なものになったりと、環境悪化につながってしまいます。

マンションの植栽は共用部分として管理組合の管理対象となる

マンションの敷地内に植えられている草木は、バルコニーの家庭菜園など個人的に育てているものを除いて、特定の住民が所有しているわけではありません。

マンション管理組合でマンション共用部分の管理をしていますが、敷地内に植えられている植物についても共用部分として扱われますので、管理組合の管理の対象となります。

具体的な管理の内容は、定期的な剪定や枯れ草の処理、害虫駆除などガーデニングと同じようなものです。

敷地内の景観をよりよくするための計画的な植樹や、その計画立てなども管理組合の管理の範疇です。

剪定や害虫駆除など実際の作業は、管理組合の役員などが直接やるわけではなく、業者へ委託しているマンションが多いです。

管理会社にすべて任せているマンションもあります。

植栽の損害にマンション総合保険が適用される場合

植栽の損害にマンション総合保険が適用される場合

マンション総合保険では、共用部分を補償の対象としています。

植栽の損害についても、保険で補償できる場合があります。

マンション総合保険で補償対象としていることが前提条件

マンション総合保険では、共用部分を補償の対象としているため、植栽の損害についても補償対象となります。

つまり建物にかける火災保険と同じように、補償プランに該当する事故があった場合に、補償の対象となります。

たとえば敷地内に生えている木が台風の影響で倒れてしまった場合、倒木の除去と植え替えの費用が補償の対象となります。

逆に火災保険の補償で対象とされていない、腐食や虫食いなどによって高木が倒れてしまった、といった場合には保険の補償対象外となります。

植栽の損害が補償されない場合

自然災害など保険の補償対象となる事故によっても、補償されない場合があることにも注意が必要です。

ほとんどの保険会社では、植物の損害を補償する場合に制限を設けています。

「同一の事故により共用部分が損害を受けており、損害発生した翌日から庭木が7日以内に枯死した場合のみ損害保険金を支払う」といった制限です。

台風などで木が倒れるなど大きな損害であれば、ほとんどは台風の当日や次の日くらいには倒れるものです。

枯死とは植物の生命が全く絶たれてしまった状態を指します。

倒木等が実際にあった場合には、すぐに契約している保険の代理店に問い合わせて、保険で補償になるかどうかを聞いたほうが良いです。

植物の損害については特に、時間が経ってしまうと原因がわかりにくくなってしまいます。

また保険会社によって表記の仕方も違い、損害の捉え方も異なりますので、損害が出ていない状態であっても、一度契約をしている代理店に保険金が出る場合、出ない場合を問い合わせてみるのも良いかもしれません。

マンション総合保険の植栽補償 まとめ

マンション総合保険で植栽の補償が受けられるケースを紹介しましたが、損害状況や原因によって補償の可否が変わってきます。

実際に損害が発生した場合には、いち早く保険会社や代理店にお問い合わせください。

発生した損害の写真を用意したり、保険会社から原因について調査が入ったりする可能性もあり、早く報告するほど、ちゃんとした原因を探ることができるためです。


マンション総合保険についてお悩みの方へ

 

次のようなことでお悩みではありませんか?
  

・マンション総合保険の更新保険料が高い
・現在保険を加入している管理会社では不安がある
・積立金不足があるので、なるべく節約したい
・どんなマンション総合保険に加入すればいいのか分からない

  
もしも、マンション総合保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談下さい。