マンション総合保険で多い質問 マンション共用部分のトラブルを保険で解決する方法

マンション総合保険では「共用部分」を補償の対象としていますが、起きた事故によって解決方法が変わってきます。

共用部分に関して、マンションの方からのご質問で多いのが、

マンションの駐車場内で車を停めていたら、まわりが暗かったので立体駐車場の柱が見えず、ぶつかって壊してしまった。
遊びに出ていた子供が駐車場のフェンスに激突し、壊して帰ってきた。
ゴミ置き場の照明が誰かに破壊されていた。

こんな場合に、「マンション総合保険って下りるの?」という声です。

今回は、駐車場やゴミ置き場などの共用部分で生じた損害に対して、保険をどのように使えるかを解説していきます。

マンション総合保険を使わない損害もある?

マンション総合保険を使わない損害もある?

マンション共用部分に起きた事故であっても、マンション総合保険を使わない場合があります。

たとえばマンションの住民が、自動車を駐車(運転)しているときの事故が該当します。

基本的なルールとして、損害を発生させた人がいる場合には、その加害者からお金を支払ってもらうのが原則です。

なので共用部分に起きた損害であっても、車を運転していた人が支払うこととなり、マンション総合保険から保険金は支払われません

また日常生活中であれば、個人賠償責任保険で対応できるだろう、と考える方もいるかも知れませんが、今回のケースでは個人賠償責任ではなく、自動車保険の対物賠償責任保険で対応します。

自動車の運行に起因する事故に関しては、その自動車で契約している保険で補償する、という決まりがあるためです。

この考え方は他の賠償責任保険でも同じで、企業向けの賠償責任保険では職務遂行中や、個人賠償責任保険では日常生活中というふうに、補償される活動は保険ごとに制限されています。

子供が遊んでいるときにフェンスに激突した場合は、日常生活の事故として個人賠償責任保険による補償の対象となります。

自動車保険に限らず、損害発生の原因が業社や第三者だった場合には、火災保険よりも相手からの賠償責任が優先することを覚えておきましょう。

※例外として、相手方の賠償責任が発生する場合でも、相手にお金がなく保険にも入っていないなど、賠償金を回収できないときには、マンション総合保険で対応出来ます。

マンション総合保険で補償されることはないのか?

マンション総合保険で補償されることはないのか?

賠償責任のある・なしを除けば、自動車がぶつかったことによる消火栓の損壊は、物体の衝突という項目、子供がフェンスを壊してしまった場合は、破損という補償の項目で対象となるような損害です。

賠償責任がある場合には、マンション総合保険よりも第三者からの賠償金が先行しますが、同じ事故でもマンション総合保険の対象になることがあります。

それは、明らかに人がやったものであっても、損害を発生させた人(原因)がわからないときです。

マンション総合保険は火災保険をベースとしているので、自然災害による損害が基本補償です。

自然相手ではなく、第三者から被った損害については、被害者と加害者の間で解決するのが原則なので、火災保険より賠償問題の方が優先されます。

しかし人がやっただろうと思っても、犯人が不明で賠償責任を求められない場合には、マンション総合保険で対応します。

建物を守るために契約しているので、当然といえば当然です。

解決方法のまとめ

解決方法のまとめ

第三者が絡んでいるような損害の際に、押さえていただきたい点は、以下の2点です。

  • 賠償責任が発生している場合には、マンション総合保険より賠償責任が優先する。
  • やった人がわからない損害については、マンション総合保険を適用できる。
  • マンション総合保険を使用できるかどうかについて、よくいただく質問の解説記事を書いてみました。

    ご参考になれば幸いです。


    マンション総合保険についてお悩みの方へ

     

    次のようなことでお悩みではありませんか?
      

    ・マンション総合保険の更新保険料が高い
    ・現在保険を加入している管理会社では不安がある
    ・積立金不足があるので、なるべく節約したい
    ・どんなマンション総合保険に加入すればいいのか分からない

      
    もしも、マンション総合保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談下さい。